目の下のたるみにはアイクリーム?それとも目元美容液の使用が◎?

疲れているような印象を与えてしまう目の下のたるみ…。

 

このトラブルに悩む人の多くは、アイクリームか目元美容液の使用がベストなのか、意外にわからないことも多いようです。

 

ここでは、アイクリームと目元美容液の違いを知って、どちらが目の下のたるみ改善にベストなのかをしっかりと見極めていきましょう!

1.アイクリームと目元美容液の違いとは?

目の下のたるみに効果的なのはアイクリームなのか、目元美容液なのか…?

 

いっけん似ているように見えるふたつのアイテムですが、浸透と保湿といった違いがあります。

 

アイクリームはテクスチャーがこっくりとしていることから保湿効果が高く、目元美容液はさらさらとしたテクスチャーで浸透に特化した製法。

 

目の下のたるみにはどちらかというと保湿ケアを行うことで目元にハリを与えることがポイントになるのです。

2.目の下のたるみにはアイクリーム♪

目の下のたるみは、お肌のリフトアップや十分なうるおいを与える保湿のケアが肝心。

 

そのため、適しているのはアイクリームで、目元美容液よりも密着度が高く、蒸発しにくいはたらきを持ちます。

 

目の下のたるみにマッチしたアイクリームは、ビタミンC誘導体やエラスチンといったコラーゲンの生成や結びつきと深いかかわりを持つ成分が多く配合されているため、目の下のたるみにダイレクトなアプローチができます。

 

前に使うスキンケア商品がさらっとしたタイプであっても、アイクリームの濃厚なテクスチャーによって保湿効果が十分に得られるでしょう。

3.目の下のたるみに、目元美容液は効果ナシ?

テクスチャーがさらっとしている目元美容液は、ベタつかずに浸透がスピーディーなことから使用感もGOOD!

 

目の下のたるみを改善予防するためには、事前に使うスキンケア商品が保湿や弾力に特化しているものを選ぶと、目元美容液でもこのトラブルを改善することができます。

 

テクスチャーがさらっとしている分、蒸発しやすい性質を持っているため、朝と夜のWケアが◎!

 

手軽でカンタン、ひとつで十分に目の下のたるみケアができるのは、アイクリームであることも知っておきましょう。

4.おわりに

アイクリームと目元美容液では、目の下のたるみにどちらも効果があるものの、手間がかからないのはアイクリームなんですね。

 

お肌への密着度・保湿力・効果の出方がスムーズなアイクリームでの丁寧なケアで、目元のリフトアップをしながらたるみレスの瞳を叶えていきましょう!

目の下のたるみにはどんな成分が有効?化粧品の選び方とは♪

加齢や紫外線ダメージ、スマホの見すぎなどが原因で起こる目の下のたるみ…。

 

若々しく引き締まった目もとを叶えるためには、化粧品に配合されている成分に着目してみることがポイントです。

 

ここでは、目の下のたるみに効果的な成分の特徴とメリットを大公開!さっそくチェックして、化粧品選びの参考にしてくださいね!

レチノール

目の下にハリや弾力を与えるためのコラーゲンを生成する成分。

 

お肌のターンオーバーを安定させ、目の下のたるみやシワなどといったお肌の衰えをスムーズに修復します。

 

レチノールが配合された化粧品では、ドクターズコスメなどガ敏感肌にも安心・安全に使用することができます。

EGF・ペプチド

EGF・ペプチドがお肌に浸透すると、細胞にまで深く浸透するため、目の下のたるみを一気にリフトアップできる効果があります。

 

品質の高い貴重な成分となっているため、デリケートな目もとをいたわりながらハリとツヤを与えてくれます。

コラーゲン

真皮の約70%を占めると言われ、お肌内部にもともと存在しているコラーゲン。

 

化粧品にコラーゲンが配合されていると、真皮層に十分なうるおいを与えながら目の下に弾力を与えます。

 

コラーゲンは加齢によって減少してしまう性質を持つため、化粧品での補給をしっかり行うことがたるみ解消のポイントになります。

 

市販でも通販でもコラーゲン配合の化粧品は多いため、選ぶこともスムーズになるメリットがあります。

シンエイク

韓国コスメに多く配合されているアンチエイジング成分。

 

お肌に浸透すると、表情筋のこわばりをほぐしながらシワやたるみを引き上げるといわれています。

 

シンエイクの目の下のたるみ効果は、50%以上もの女性が実感しているというデータも残されています。

1.目の下のたるみにはドクターズコスメが◎!

目の下に効果的な4種の有効成分は、ドクターズコスメに多く配合されています。

 

お肌よりも修復が難しいとされる目の下のたるみは、製法や有効成分にこだわりがないと、なかなか効果を実感できないもの。

 

ドクターズコスメであれば、皮膚のトラブル研究に邁進している医師の監修となっているため、市販の化粧品よりもたるみ改善効果が実感しやすくなります。

2.おわりに

よく耳にする成分ではあるものの、目もとへのメリットを知るとさらに興味を惹かれますね。

 

目の下のたるみをスピーディーに解消し、弾力を与えるための有効成分配合の化粧品選び、今日からさっそくはじめていきましょう!

 

目の下のたるみを涙袋に♪こんな特徴がある化粧品を選ぼう!

気になる目の下のたるみを引きしめ、ふっくらとした涙袋に変えられたら、それはとてもウレシイこと♪

 

涙袋があってふっくらとしていると、瞳の印象が魅力的にうつるものです。

 

ここでは、今ある目の下の涙袋を、化粧品でふっくらさせるノウハウを伝授していきます!

1.涙袋ができる化粧品とは?

多くの女性は、涙袋をメイクによってつくることが多いですよね。

 

実は、毎日のスキンケアや化粧品の選び方によっても、涙袋をふっくらさせることができるんです★

ヒアルロン酸配合の化粧品

整形外科では、涙袋をつくるさいにヒアルロン酸の注入を行うことが一般的。

 

そのため、化粧品もヒアルロン酸配合の商品を使うと、徐々に涙袋がふっくらします。

 

ヒアルロン酸は、1gあたり6lもの水分量を保持するといわれている保湿成分。

 

目もとに浸透することで角質層をうるおいで満たし、内側からのハリにアプローチします。

目元美容液が◎!

浸透度がスピーディーな目元美容液は、数回の使用でも目の下のたるみを引きしめ、涙袋をふっくらさせる効果があります。

 

ヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分が豊富に配合された目元美容液で毎日のケアを習慣にしましょう。

2.涙袋に効果的な化粧品とあわせて行いたいこと

涙袋をふっくらさせるためには、化粧品にばかり頼っていては時間がかかってしまいます。

 

毎日のケアとプラスして行いたいことをさっそく習慣にしてみましょう!

目もとを温める

目もとのたるみや疲れが気になった際には、スキンケアの前に目の下をホットタオルで5分程度温めてみましょう。

 

血行が促進されることでお肌がイキイキとし、皮膚に化粧品の有効成分が浸透しやすくなります。

マッサージ

目の下のたるみを改善しながら、ふっくらとした涙袋をつくるためには、マッサージも効果的!

 

目のまわりは老廃物が溜まりがちになっているので、まぶたを軽くおさえるようなマッサージを行いましょう。

 

この際、目元美容液を多めに取ってすべらせるようにマッサージすることがポイントです。

 

また、耳の裏の凹んだ部分は、目のまわりの老廃物をデトックスできるツボとなっていますので、スキマ時間を使ってツボ押しをしてみましょう。

3.おわりに

目の下のたるみを涙袋に、そのポイントは保湿とマッサージ、マッチした化粧品選びがポイントになります。

 

ナチュラルな涙袋を叶えるために、今日からさっそく化粧品選びをスタートしてくださいね!

目の下のたるみを改善したい!敏感な目元にもやさしい化粧品の選び方★

目の下のたるみに悩んでいる女性は、敏感な肌質であることも多く、化粧品選びがスムーズにいかないこともあるよう。

 

敏感肌に特化され、目の下のたるみに効果がある化粧品はまだまだラインナップが少なく、選び方のポイントが気になるところです。

 

ここでは、目の下のたるみを改善しながら、敏感肌にも安心の化粧品選びのポイントをご紹介していきます。

1.テクスチャーに着目しよう

敏感肌でも目の下のたるみを改善できる化粧品は、テクスチャーの伸びにも注目してみましょう。

 

目元はちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうパーツ。

 

塗布する際に、皮膚に刺激がかからないよう、テクスチャーに伸びがあってテスターなどが試せる化粧品を選ぶようにしましょう。

無添加成分をチェック

目の下のたるみを改善しながら、敏感な肌質でも安心して使えるのは、無添加成分が配合されている化粧品です。

 

パラベンやアルコール、着色料フリーなど、フリーという記載が多いほど敏感な肌質にも安全な化粧品であるといえます。

愛用者の口コミをリサーチしよう

気になる化粧品を見つけたら、敏感肌の人の報告にフォーカスを当てて、安全性が高いかどうかのチェックをしてみましょう。

 

実際に使用している人の報告であれば、信憑性が高かったり、同じような悩みを持つ人の報告も目にすることができます。

保湿成分の内容をチェック

目の下のたるみには、コラーゲンやセラミド、オーガニックエキスなどの成分が効果的で、目元をひきしめながらたるみを改善してくれます。

 

まぶたに必要なうるおいをしっかり届ける効果で、目の下のたるみはもちろん、くすみやシワなどのエイジングサインにも効果が期待できます。

 

その化粧品にどんな保湿成分が含まれているかをしっかりチェックし、保湿に特化された成分が多い化粧品を選ぶようにしましょう。

2.通販と市販!安全で目の下のたるみに効果があるのは?

通販と市販のどちらにも、目の下のたるみを改善しながら敏感肌専用の化粧品はラインナップされています。

 

ただ、市販はまだまだ商品が少なく、通販であれば多くが敏感肌にもマッチした化粧品であるといえます。

 

返金保証制度がついている化粧品であれば、万が一お肌に合わない場合でも返品が可能なのでこのような通販商品の購入もオススメです。

3.おわりに

目の下のたるみと敏感肌を一緒に改善できる化粧品、魅力的ですね。

 

ご紹介したポイントをしっかりと把握し、それぞれにマッチした逸品をさっそく探していきましょう!

たるみを改善しながら目の下のシミや乾燥にもアプローチ!化粧品の選び方とは!?

ほかのお肌パーツよりも皮膚が薄く、紫外線や乾燥のダメージが起きやすい目もと…。

 

目の皮膚の構造から、ちょっとした原因でもたるみだけではなく、シミや乾燥が引き起こされてしまいます。

 

今回は、目の下のたるみをはじめ、シミや乾燥にも効果的な化粧品の選び方についてご紹介していきます!

1.目の下のたるみやシミ、乾燥の原因は?

そもそも、なぜ目の下はたるみやすかったり、シミや乾燥ができやすいのでしょうか?

紫外線ダメージ

目のまわりは、紫外線対策をしていても、摩擦などを受けやすく、日焼け止めが落ちやすいパーツでもあります。

 

紫外線対策が十分でないことでメラニンが発生し、コラーゲンが破壊されてしまうことでシミや乾燥の原因になってしまいます。

加齢

年齢を重ねると、どうしても皮膚の薄い目元は機能性が弱くなり、皮膚が薄いことでどんどんたるんでしまう性質を持ちます。

 

2.目の下のたるみとシミ、乾燥にアプローチできる化粧品とは?

前項でご紹介したような原因をなくす化粧品には、次のような特徴があります。

通販の化粧品

市販よりも、通販の化粧品のほうが、エイジングサインに特化された成分が多く配合されていたり、商品数も豊富。

 

たるみをケアするリフトアップ効果と、シミを改善する美白機能が一緒になった化粧品が多くなっています。

ドクターズコスメ

皮膚科医など、専門的な知識を持つ人が開発したドクターズコスメは、あらゆるエイジングサインにアプローチできる効果があります。

美白と保湿に特化したもの

目の下のたるみ、シミや乾燥を改善するためには、化粧品でしっかりと保湿ができ、さらに美白成分もプラスされていることがポイント。

 

目の下のたるみに効果的なヒアルロン酸や、コラーゲンの生成を活発にしながらシミを改善し、弾力・うるおいを与えるビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶようにしましょう。

リフトアップ効果

目元のたるみには、ピンと弾力を与えてくれるリフトアップ効果のある化粧品が◎!

 

アイクリームや目元美容液の特徴をチェックした時、この特徴があるのかしっかりとチェックしましょう。

3.おわりに

目元のたるみやシワ、乾燥があるとアイメイクもなかなか決まらなくなってしまいますよね。

 

女性の魅力的なパーツでもある目元をすっきり引きしめ、クリアな美肌に仕上げるため、化粧品選びのポイントをしっかり把握しておきましょう!