HAKU メラノフォーカスVのレポート byゆず

新しくなったHAKU メラノフォーカスVを使ってみました

今回お試しするのは新しくなった資生堂HAKU メラノフォーカスVのweb限定特製サイズです。

 

以前のHAKUメラノフォーカス3Dと大きく変わった点は?

従来品にも配合されていた2種類の美白有効成分(4MSKとm-トラネキサム酸)に加えて、新たにVカット複合体と言われるものを配合したということです。

 

この成分は、刺激を受けた血管はシミの生成を促してしまう…という研究をもとに、異常な血管の作用によるシミの生成を抑制する複合成分なのだとか。

 

こちらのweb限定特製サイズは約33回分じっくりと使うことができ、肌との相性を確認するには十分すぎる量です。
>>公式ホームページでHAKU メラノフォーカスVの詳しい内容を見てみる!

近頃の肌の悩みは炎症後のシミ!

一時期ものすごく荒れてた時期がありまして。(肌が、ですよ。)それが落ち着いたかな〜?と思った矢先に、ものの見事に色素沈着を起こしシミになってしまいました…涙。

 

恐れているのは、今、表面に出ているシミがすべてではないのでは…ということ。いわゆる隠れジミですね。せめてその隠れジミの噴出は防ぎたい!口コミでも『今あるシミへの対策』よりは『これ以上シミを増やしたくない』人が使っている印象です。

前のHAKUもパックしているかのようなしっとりとした密着感がありましたが、その密着感がアップしているような気がします。今あるシミをどうにかしたいというよりは、隠れシミの出現を徹底的に抑えてくれてる感じです。

テクスチャーや使い心地などは?

一回分の規定量はパール一粒分。美容液、というよりは、軽めのなめらかなクリームという感じでスルスルと伸びます!重たさは一切なく少ない使用量の割にはスムーズに顔中に塗り広げられます。

 

ある程度顔中に伸ばすと、今度はピターっとした密着感が。しっとりとした密着感が感じられるのに、肌はべたつきません。むしろサラッとした触り心地!キメが整ったのを実感できます。仕上がりはまるでクリーム。後から乾いてくる感じもせず、これだけでも十分な保湿力を実感できます。

 

美白モノはとにかく乾燥するイメージで、美白ケアと乾燥ケアは両立しないものと思い込んでいましたが…

 

美容液だけでスキンケアを終えても、かなり高い保湿力と持続力を感じるのですが、手持ちのクリームなどで仕上げればさらにじっくり長く有効成分が浸透してくれそうです。

白いクリーム状の美容液でこっくりとしたテクスチャー。伸ばして馴染ませるうちに柔らかくなってピタッと密着するように馴染みます。ベタベタしないのにしっとりとして初めのテクスチャーから想像するよりもとっても使いやすいと感じました。顔全体にもつけやすいですし、ピンポイントで狙った部分にもつけやすいので便利です。(@コスメより)

肝心のシミに対しての効果は?どんな人にHAKU メラノフォーカスVはおすすめ?

もうかれこれ年単位でお付き合いしているシミに対しては残念ながらこのお試しサイズでは劇的な変化は感じられませんでした。

 

しかし心なしかそのガンコなシミの輪郭がぼやけているような??

 

はっきりとした確信はないのですが、くっきりしていたシミと肌色の境界線が薄らいできた感じはします。

 

ちなみに出始めたばかりのシミも、それ以上濃くなったり大きくなったりすることなくメイク次第ではしっかり隠せるまでになりました。何よりうれしいのは使い始めてから新たなシミが出てきていないこと!

 

年齢とともにシミの出現率がグッと上がってしまった私にとってこれはかなりありがたい限りです…。

 

これ以上シミを増やしたくない方や肌のくすみを改善したい方におすすめです。美白ケアは長期的な取り組みが大前提ですが、ロングセラーであるHAKUならこれからもずっと長く使い続けれる安心感や、シリーズ展開していますから、他アイテムのラインナップも豊富。肌環境の変化に応じてアイテムを足しやすいのも魅力ですね!
>>公式ホームページでHAKU メラノフォーカスVの詳しい内容を見てみる!