アイクリームを使うべきタイミングっていつ?

いつもお使いの乳液や美容液には機能がなく、アイクリームだけが目もとに効果的なメリットを与える逸品であることは、みなさんもご存知だと思います。

 

ここでは、アイクリームは目もとにどんな変化があったときに使うべきなのか、そのベストなタイミングと、スキンケアで使用する順番についてわかりやすくご紹介!

 

いつもふっくらうるうるな目もとを叶えるために、アイクリームの使うべきタイミング、使用の順番などをしっかりとマスターしておきましょう!

1.アイクリームは早め早めの使用がベスト!

女性の目もとは、紫外線や刺激をダイレクトに受けやすいデリケートなパーツ。

 

今ではティーン女性であっても、スマホの見すぎなどで目もとにクマやシワができたり、30代以上の女性であれば、エイジングサインが目もとにはっきりとあらわれてきます。

 

ほかのお肌パーツよりも皮膚が薄い目もとは、今はトラブルがなくても早めに使用することでシワなどのエイジングサインをスピーディーに予防・改善できる効果が期待できます。

 

2.目もとにトラブルが起きてからだとアイクリームの使用は遅い?

アイクリームは、目もとにトラブルができてからの使用でも効果は実感できます。

 

ただ、シワが深くなっていたりすると、使ってすぐに効果が実感できることは難しいかもしれません。

 

目もとのエイジングサインが気になり始めたら、早めにアイクリームを使用して、乳液や美容液などでは得られない栄養をたっぷりと補給してあげましょう。

3.アイクリームはどのステップで使うとOK?

意外に知られていないのですが、今では商品が多くラインナップされていて、アイクリームを使う順番にも変わりがあるようです。

 

まずはアイクリームの使い方をしっかりと把握し、いつ使用することがベストなのかを確認しましょう。

 

一般的なアイクリームは、スキンケアの最後に使用します。

 

朝はオールインワンなどでのケア後にアイクリームを使用し、夜は一通りのスキンケアが終わって最後にアイクリームを使います。

 

皮膚が薄く、紫外線や刺激を受けやすい目もとは、アイクリームを丁寧に馴染ませ、シワやくすみのない部分にもしっかりと塗布しておくと、いつも栄養が行きわたり、これからできるエイジングサインの予防に役立ちます。

4.おわりに

アイクリームは、エイジングサインが目立ち始める前から使用していたほうが、キレイな目もとをキープできるヒケツなんですね!

 

年齢やトラブルの原因が出やすい目もとは、アイクリームの使用で早めの対策を整えていきましょう!

アイクリームで涙袋をふっくらさせることはできるの?

ココ何年かで、涙袋をふっくらさせるアイメイクが大流行していますよね。

 

女性の涙袋がふっくらしていると、それだけで瞳が大きく見え、印象がグッと華やかになります。

 

ここでは、アイクリームを使って、涙袋をふっくらさせることはできるのか、みんなが知りたいポイントをご紹介していきます!

1.アイクリームで涙袋をふっくらできる!

意外に知られていないのですが、涙袋のアイメイクをしなくても、アイクリームがあれば、ふっくらとした弾力をつくることができるんです!

ヒアルロン酸配合のアイクリームが◎!

豊富な栄養を配合したアイクリームは、特にヒアルロン酸が入っている商品だと、涙袋の形成に役立つんです。

 

それは、美容整形でも、涙袋の形成にヒアルロン酸の注入をする施術が一般的となっているため♪

 

ヒアルロン酸のアイクリームを涙袋に使用すると、うるおいが角質層にまで浸透し、徐々にハリや弾力のある涙袋の形成ができるようになります!

2.涙袋をつくりたい!アイクリームの使用方法は?

さっそく、涙袋をふっくらさせるための、アイクリームの使い方を知っていきましょう!

スキンケア商品もヒアルロン酸配合のものにシフト!

涙袋を形成するためには、ヒアルロン酸を目もとに与えてあげることがポイントになります。

 

そのため、アイクリームのほかのスキンケア商品も、すべてヒアルロン酸配合の一品に変えていくと、涙袋の形成がよりスピーディーになります。

やさしくケア

目もとはほかのお肌パーツよりも皮膚が薄く、刺激を受けやすい部分でもあります。

 

目もとのケアを行う際には、指の腹を使って決してこすらず、やさしく馴染ませるようなケアを行いましょう。

 

アイクリーム使用時には、涙袋をやさしくなぞりながら、成分をプッシュして浸透させるようにすると、ふっくらとした弾力感があらわれてきます。

3.ヒアルロン酸以外に涙袋が形成できる成分はある?

涙袋の形成には、ヒアルロン酸がもっとも適した成分となっていますが、コラーゲンも同じくらいベスト!

 

コラーゲンが目もとに浸透されると、内側からハリやツヤをもたらしてくれるので、涙袋が目立ちやすくなります。

 

アイクリームを選ぶ際には、ヒアルロン酸×コラーゲン配合の商品をピックアップしましょう!

4.おわりに

手の込んだアイメイクで涙袋をつくらなくても、毎日のアイクリームの使用でふっくらさせることができるのは、ウレシイ情報でしたね!

 

より魅力的な大きな瞳を目指して、今日からさっそくアイクリームで涙袋をナチュラルに形成していきましょう!

化粧水〜アイクリームまでのステップが面倒…。省いてOKのアイテムは?

毎日を忙しく過ごしていると、丁寧なスキンケアをすることの手間が負担になってしまう場合も少なくないですよね。

 

化粧水〜アイクリームまでのライン使いは、美肌への底上げができるスキンケアとなっているのですが、お肌状態によってはどれかを省略してもお肌コンディションを良好にキープできることができるんです!

 

ここでは、省いてもOKなアイテムをお知らせし、気になる理由についてもご紹介していきます!

1.朝のスキンケアはクリームを省略しよう♪

朝のお肌状態って、夜よりも元気で健やかに感じること、多くないでしょうか?

 

この理由は、夜の食事から摂取された栄養素とライン使いのスキンケア、たっぷりの睡眠をとっていることでお肌が十分に栄養を補給し、休まっているサインでもあるからなのです。

 

朝のお肌は栄養をたっぷりと吸い込んだ状態のため、クリームの使用を省いても健やかなお肌をキープすることができます。

2.夏場は乳液を省略しよう!

夏場のお肌は空気に湿気があったり、気温が高いことで皮脂が過剰に分泌されることが多くなります。

 

そのため、油分の多い乳液を朝のみ省略すると、水分と油分のお肌へのバランスが整い、メイクの崩れやテカリを防ぐことができます。

3.アイクリームは省略できないアイテムだった!

お肌コンディションや朝、夏場は省いてもOKなアイテムがあるのですが、アイクリームだけは季節や時間にかかわらず、いつも使用してほしいケア商品。

 

その理由をお知らせしますね!

目元への栄養はいつでも必要!

目元は紫外線や摩擦をダイレクトに受けやすいパーツ。

 

皮膚が薄い部分でもあるので、つねにうるおい・油分・栄養素を与えてあげないと、あっという間にエイジングサインができてしまいます。

 

乾燥しやすい目元は、朝も夜も季節にかかわらず毎日毎回使用して、シワやくすみなどのトラブルを未然に防ぐようにしましょう♪

アイクリームだけでしか得られないメリットが☆

アイクリームは、ほかのスキンケアアイテムとは違った、目元にのみ浸透しやすい有効成分を高配合しています。

 

そのため、毎日使うことで美容液やクリームでは得られないアンチエイジングの効果を実感しやすく、毎日毎回使うことがメーカーからも推奨されているんですよ。

4.おわりに

お肌コンディションにかかわらず、デリケートでトラブルが起きやすい目元は、アイクリームの使用が必須なんですね♪

 

ほかのスキンケア商品と比べても手軽に時短にケアができるメリットもありますので、アイクリームは省略せず、欠かさずに使うことでキレイな瞳を叶えていきましょう!

オールインワンゲルと目元用美容液の併用はOK?

毎日を忙しく送る女性に時短ケアが叶うオールインワン。

 

化粧水からクリームまでのスキンケアがひとつで叶うアイテムに、目元美容液の併用は美肌への効果を実感することができるのでしょうか?

 

ここでは、オールインワンゲルと目元美容液の併用について、いろいろな情報をリサーチし、わかりやすくまとめていきたいと思います!

1.オールインワンゲルは目元美容液との相性が良い!

オールインワンゲルは、お肌への浸透が良く、化粧水などのアイテムとの相性がマッチする逸品!

 

もちろん、目元美容液との相性も良く、次のようなメリットをもたらしてくれます!

目元美容液の機能性がUP!

オールインワンゲルは、ブースター(導入美容液)のような機能を備えているため、目元美容液を最後に使用すると、スムーズに浸透して瞳を大きく見せたり、くすみやクマを解消するメリットがあります。

ベタつきがない!

化粧水〜クリームまでのライン使いに、目元美容液をプラスすると、どうしてもお肌全体がベタつき、浸透までに時間がかかってしまうことがあります。

 

オールインワンゲルと目元美容液の併用であれば、十分なうるおいと栄養を与えながら、目元にも必要な成分を浸透できるため、時短で効果的な美肌ケアを叶えることができます。

2.オールインワンゲルにアイケアの機能が...。併用はいらない?

オールインワンゲルの種類によっては、アイケアができる商品も多くラインナップされていますよね。

 

この場合、目元美容液との併用は必要がないのでしょうか...!?

夜のみ併用しよう!

オールインワンゲルにアイケアの機能がある場合は、肌質が元気な朝は併用の必要がないといえます。

 

ただ、目元もカラダやココロと同じように、一日の疲れが溜まり、夜には元気をなくしてしまうパーツ...。

 

夜には栄養を与えすぎても目元に負担をかけてしまうことがないため、オールインワンと目元美容液の併用をして、翌朝のキレイな瞳へと備えておくことがオススメです。

 

ただ、朝であってもシワやくすみ、クマが目立つ時には併用して、目元のコンディションを見ながら使用のバランスを整えてくださいね!

3.おわりに

オールインワンゲルと目元美容液であれば、時間をかけずにアイケアが完了し、ベタつきのストレスなく使用ができるんですね!

 

ベストマッチのオールインワンゲルと目元美容液で、コストをかけないアイケア、さっそくはじめてみてください!

目元美容液の基本的な効果!目元にこんなメリットが生まれる!

一般的なスキンケアには見られない、目元美容液のウレシイ効果、気になりませんか?

 

ここでは、目元美容液を使うことによって得られるメリットを具体的にご紹介!

 

目元になんらかの悩みを持つみなさんはもちろん、まだ目元にトラブルがない方もぜひ参考にしてくださいね♪

1.目元美容液の基本的な効果とは?

さっそく、目元美容液を使うことで得られるメリットを知っていきましょう!

クマやくすみがクリアになる!

目元美容液は、多くの商品が美白に特化されて製法されています。

 

そのため、どんな世代の女性でも起きやすい目元のくすみ、クマをクリアにし、健やかな印象の瞳へと導いてくれます。

まぶたのたるみが引きしまる!

年齢を重ねると共にたるみが気になる目元...。

 

皮膚がほかのお肌パーツよりも薄い性質を持つこともあって、目元は年齢のサインが出やすいのです。

 

目元美容液は、アンチエイジングの効果がもっとも高いため、たるみやゆるんだまぶたを引きしめ、アイメイクが生える瞳へと変えてくれます。

涙袋がふんわり♪

トレンドのメイクでもある、涙袋の形成。

 

目元美容液を使い続けてケアをすると、涙袋がふっくらするためのうるおいや栄養がしっかり行きわたり、ふっくら弾力のある大きな瞳へと導いてくれます。

2.目元美容液の効果が活きる!基本の使い方

目元美容液の前項でご紹介した効果をすべて実感するためには、正しい使い方をマスターするのが必須!

 

ここで、今までの目元美容液の使い方を見直し、トラブルのない瞳を叶えていきましょう!

継続して使う

目元にとくに大きなトラブルがなくても、刺激や摩擦を受けやすいパーツなので、毎日のケアが必須!

 

目元のコンディションに限らず、朝と晩に使うことで健やかな瞳を長くキープできます。

やさしく馴染ませる

目元のトラブルが気になると、強くこするようなケアをしてしまいがち...。

 

負担のかかるケアは目元のトラブルを大きくさせてしまうリスクがあるため、指の腹を使ってやさしくいたわるようにケアをしましょう。

プレス

目元美容液は最後に軽めのプレスを繰り返し、お肌と指先が密着するように感じるまでプレスを繰り返すと、有効成分の蒸発を防ぐことができます。

3.おわりに

さらさらしっとりの仕上がりが心地良い目元美容液♪

 

日頃のまぶたの疲れを癒す効果もありますので、継続して使い、若々しい目元をキープし続けてくださいね!