アンプルールの効果を調べてみました!

今回お試しするのはアンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキットです。

 

今でこそ美白成分でおなじみのハイドロキノンですが、効果を損なわず安定配合させることができた化粧品は『アンプルール』が日本で初めてなんだとか。

 

クリニックと提携したドクターズコスメなので、敏感肌に傾きがちな年齢肌でも安心して一歩進んだ美白ケアが出来ると評判の美白化粧品です。

【アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキット】

  • コンセントレート HQ110(スポット集中美容液) 3ml 
  • ローションAOU(化粧水) 20ml 
  • アクティブクリアD(美容液) 8ml 
  • エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル) 10g 
  • 薬用デイ&ナイトクリーム(薬用美白クリーム) 2回分 
  • クレンジングミルクN(クレンジング) 2回分 
  • ウォッシングフォームN(洗顔料) 2回分 
  •  

    トライアルキットの内容としては集中美容液、化粧水、美容液、乳液ゲル、美白クリーム、クレンジング、洗顔料…と至れり尽くせりな内容。ライン使いがしっかりできるトライアルキットも珍しいかと思います。

    強力な美白成分である反面、肌への刺激性も時に問題視されているハイドロキノンの存在が、敏感肌には不安なポイントですが…

     

    アンプルールは新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで低刺激を実現していますが、その辺りどうなんでしょう?早速使ってみたいと思います!

    アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキットそれぞれのアイテムの使用感は…?

    コンセントレート HQ110(スポット集中美容液)

    洗顔後、化粧水より先に使うタイプの集中美容液。

     

    スポット使いなので、指先で適量をトントンと馴染ませます。

     

    ハードジェル状のテクスチャーなので、気になる部分にピンポイントで塗りやすいし密着感もバッチリ。

     

    テクスチャーの割に浸透はとても早く、いつまでもベトっと残っている感じもありません。

     

    シミに対しては問題なかったのですが、治りかけのニキビ跡(吹き出物だよ、と言う突っ込みはスルー)に塗ったら少々沁みました…

     

    やはり荒れていたり、傷のようになっている部分には控えた方が良さそうですね。

     

    新安定型ハイドロキノンが高濃度に配合されているため、原則夜のみの使用です。

    ローションAOU(化粧水)

    容器の外からでも気泡が分かり、とろみは強めかな、と想像していました。

     

    しかし手に取るとそこまで強いとろみはなく、かと言って水のようにサラサラ!と言うわけでもないので、必要以上に量を使わなくても広範囲に塗り広げやすいです。

     

    凛とした清々しい香りで、朝夜問わずリラックスできそう。これなら体調問わず毎日使えます。

     

    気になる浸透性なのですが、グングン素早く浸透、とまではいかないものの、丁寧にパッティングしてあげると、肌にモッチリ感が出てしっかりと浸透したのが分かります。

     

    3種のセラミドや浸透型コラーゲンが配合されているおかげで、美白に特化した化粧水の割には保湿力もしっかり感じられました。

    アクティブクリアD(美容液)

    手に取ると乳液のようなシルキーな見た目なのですが、塗り広げてみると、ジェルのような適度な硬さが感じられます。

     

    ミルクのようにすみずみまでなめらかに溶け込むような使い心地で、乾燥でキメが乱れた肌も、つやっと整えてくれます。

     

    使うたびにハリ感も出てきたからか、気持ち透明感も増してきたような…?

     

    くすんだ肌を白く!と言うよりかは肌環境を整えて、よどみを感じさせない肌になれそうと思いました。

    エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル)

    濃厚そうな見た目から、こっくりした重ためのテクスチャー?と想像していましたが…

     

    ゲル状の乳液のような、ぷるぷる、とした適度の硬さがありつつも、軽めのクリームのようにスルスル〜と気持ちよく伸びてくれます。

     

    見えないマスク効果を謳うだけあって、うるおいやハリ・ツヤもしっかり長時間キープ。

     

    水分と油分のバランスがちょうどよく、みずみずしい使い心地としっかりした保湿力が両立出来ているゲルだと感じました。

     

    美容液・乳液・ゲルの働きがひとつに凝縮されているので、シンプルケアを行いたい日は化粧水→エマルジョンゲルEXだけでも良いかもと感じました。

    薬用デイ&ナイトクリーム(薬用美白クリーム)

    見た目はコクがあり重たそうな印象ですが、意外なほどふんわりとした軽めのテクスチャー。

     

    おかげで年齢肌向けクリーム特有のコッテリベタベタ、な不快感はなく、するんとなじんで使いやすい!

     

    日中でも夜でも、乾燥知らずな、うるうる肌が持続します。

     

    キメの乱れからか、肌表面の凸凹が気になっていましたが、使うたびに肌触りもなめらかになって透明感も出てきました。

     

    その名の通り、朝も夜も使いたくなるのですが、個人的にはそこまで乾燥が気にならないなら、朝はエマルジョンゲル(美容乳液ゲル)だけでもいいかな?と感じました。

    クレンジングミルクN(クレンジング)/ウォッシングフォームN(洗顔料)

    クレンジングはまるで乳液を思わせる濃厚さ。

     

    そのおかげで、毛穴の奥の汚れや頑固なメイクにもしっかり馴染み、浮かせて落とせます。

     

    キュッとした洗い上がりで肌触りはツルツル。かと言って乾く感じもなく、保湿力も申し分ありません。

     

    洗顔量も泡立てると、濃密でどっしりした弾力感のある泡ができ、クレンジング同様、古い角質や汚れをしっかり包んで洗い流せます。

     

    ヒアルロン酸や浸透型コラーゲンなどの美容液成分が配合されていることもあり、洗う前よりもうるおったふっくらした肌に整いました。

    アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキット…どんな人にオススメ?

    まず一番の気がかりだったハイドロキノンによる肌への刺激なのですが、低刺激性に処方されていることもあり、思っていたよりも優しい使い心地でした。

     

    さすがハイドロキノンをいち早く取り入れた美白ケアブランドのパイオニア・アンプルールなだけあり、安心感は他のハイドロキノン配合コスメとは段違いです。

     

    肝心の美白への効果なのですが…

     

    当然ながら、約1週間分の量ではガンコなシミなどには劇的な変化は感じられないものの、肌のキメが整ってきて乾燥し辛くなったおかげで、『乾燥くすみ』は比較的早く改善できました!

     

    うるうるっとした肌になり、むしろメイク前の方が白く感じるような…

     

    ファンデの色もひとつ上げて良いかも?と思うまでに。

     

    シミやくすみなど美白への短期間の即効性はないにしろ、長く使っていけば健康的な透明感のある肌になれそう!と強く感じた化粧品でした。

    アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキットはこんな人にオススメ

    • 美白ケアにハイドロキノンを取り入れたい
    • 美白に偏らず乾燥ケアもしっかり行ないたい

    フルラインで揃えるとなると、やはりどうしても費用が気になりますが、ピンポイント美容液はいざと言うときのお助けアイテムとして考えても良さそうだし、仕上げは美容乳ジェルorクリームのどちらかを好みで選ぶ(もしくは朝夜で使い分ける)のもいいのかな?と感じました!

    このレポートはゆずが担当しました!

    コスメルジュ編集部(ゆず)

    ゆず(30代・やや敏感肌):一男一女一猫の母をやっています。ナチュラルフレンチなインテリアと雑貨が大好き。『慌しい生活に追われても、キレイになりたいココロは持ち続けたい!』。同じキモチのママたちにたくさん見てもらいたいと思っています☆
    (☆日本化粧品検定協会化粧品検定2級取得)